HOME > モフ博士 > おなら

top

おならについて
おならは、約70%が食事や話をしている間に無意識に飲み込んでしまう空気です。
残りの約30%は腸内で腸内細菌が食物を分解する時に発生するガスです。
おならの量は食べ物や体調、消化液の量などによって違ってきます。
おならを我慢すると、行き場をなくしたガスは腸壁から吸収されて血管を通り、尿、呼吸、皮膚を通して排出されます。
毒素を含むおならのガスは腸管を傷つけたり、肝機能や免疫力の低下につながるとも考えられていますので、おならはできるだけがまんをしないで出しましょう。


おなら対策
悪臭の強いおならがいつも出るようならば悪玉菌が増えていると考えられます。
それは、大腸に何らかの問題があると考えられます。

ニオイ対策
アイコン
便を我慢しない事。
便を我慢すると大腸内で発酵が進みくさいおならが蓄積されます。
アイコン
肉類やにんにくや玉ねぎを多く食べない事。肉類は悪玉菌が活躍し、
くさいおならが出やすくなります。
アイコン
腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やすようにすること。
日頃からビフィズス菌入りのヨーグルトやオリゴ糖入りの乳酸菌飲料、海草、納豆、
きのこなどをしっかり取って、大腸の善玉菌を増やすように心掛けること。


回数対策
アイコン
炭酸飲料はおなかの中で炭酸ガスが異常に発生します。
アイコン
便秘の対策をする事。
アイコン
食物繊維には便通を良くする大切な役目がありますが多量に食べ過ぎると消化しにくいため未消化のまま大腸にたまっておならが出やすくなります。
アイコン
散歩や軽い運動で体をよく動かすと、腸の動きを活発にしてくれます。
アイコン
食事の際、話しながら食べたり、急いで食べると空気を一緒に飲み込みやすくなるのでゆっくりとよく噛んで食事をする事。ガムも空気を飲み込むことになります。
つばを飲み込まないように意識することも大切です。



おならと身体の関係
おならの多い人、またはゲップの強い人はストレスが原因の場合があります。
ストレスは自覚でき、わかっている場合が多いですが普段からストレスを積み重ねている人は自分がストレスに曝されていることに気がつかない場合があります。
体には知らず知らず負担が重なり、体調が崩れやすくなります。
中年以降になると、ストレスが職場や家庭で増え、
緊張した時に飲むつばと空気がおならやゲップの原因、増加に繋がります。
大腸は緊張や不安などのストレスに敏感に反応します。

俗説
炭酸飲料(ビール等)を摂取する人の方が、摂取しない人よりも、ガスの量が多いという俗説がある。まれに1日に50回以上する人もいるが、そういった場合はあまり臭くないという俗説もある。

bottom