HOME > 用語辞典 > は

バクテリア

細菌。細胞をもつ生き物としては、一番小さい。 戻る

病的口臭(びょうてきこうしゅう)

病気の症状の一つとして現れる口臭。
多くはむし歯・歯周疾患・義歯や詰め物の劣化・舌の汚れなど口腔内の病気や異常が原因。
鼻、呼吸器、胃、肝臓の疾患、糖尿病、尿毒症などの疾患でも発生するがその場合は重症であることが多い。
鼻を軽く閉じ、息を止めてゆっくり吐き出したときに臭いを感じる場合は口腔内に原因が。
また、口を閉じ、鼻から息を吐き出した時に口臭を感ずる場合は全身疾患が関係していると言われる。
戻る

フェロモン

動物または微生物が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のことである。 戻る

物理吸着型

分子間引力によって吸着する現象で、加熱などのエネルギーを加えることで、吸着分子を分離する還元性がある。 戻る

フラボノイド

天然に存在する有機化合物群で、フラバンの誘導体。酸化防止・抗菌・消臭などの効果がある。 戻る

プラーク(歯垢 -しこう-)

歯の表面についた白っぽいネバネバ。
歯垢(歯牙細菌苔)とも呼ばれ、生きた細菌の大集団が苔のようにヘバリついているもの(食べかすではない)虫歯や歯周病の原因になります。プラークに唾液中のカルシウムやリン酸が沈着して石灰化したものを「歯石」というが、表面がザラザラしているのでその上にもまたプラークがつきやすい。
戻る

分泌液

腺(せん)細胞や分泌組織から分泌される液。 戻る

ポリスチレン樹脂

ポリエチレン(高密度/低密度)、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニルと並ぶ、5大汎用樹脂の一つに挙げられる皆様の生活に幅広く使われているプラスチックです。 戻る