HOME > 用語辞典 > か

快不快度

においの質を加味して、におい・悪臭の快・不快度を、
「極端に不快(-4)」、「非常の不快(-3)」、「不快(-2)」、「やや不快(-1)」、「快でも不快でもない(0)」、
「やや快(+1)」、「快(+2)」、「非常に快(+3)」、「極端に快(+4)」の9段階で表示するにおいや悪臭の測定方法です。
戻る

化学反応型

表面に残留している酸素や水素からなる様々な化合物の官能基のイオン結合により吸着する現象。
これは外部エネルギーを加えても簡単に分離せず吸着物質にもよりますが、やがて分解されます。
戻る

加齢臭(かれいしゅう)

加齢臭(かれいしゅう、エイジングノートとも呼ばれます)というのはいまでは、中高年(男女)特有の体臭の総称です。
原因は、若者の間にはほとんど存在しない臭いの成分です。
1999年、資生堂と高砂香料工業の共同研究で発見されました。
加齢臭の原因となる体臭成分は、不飽和アルデヒドのノネナールという成分です。
この成分は青臭さと脂臭さを併せ持ち男女ともに性差なく40歳代以降に増加が認められて中高年特有の「クサイ」臭いとして感じられています。
加齢臭とは、年齢が上がるにつれて発するようになる中高年特有の体臭のことです。
この臭いの正体は「ノネナール」という物質です。この臭い物質は男性女性問わず同じよう皮膚から発散されています。
厳密にいうと、加齢臭=オヤジ臭ではありません。また、女性のほうが清潔や化粧品、デオドラント等に気を使っているため、加齢臭が目立たないということもあります。
加齢臭プラス様々な要因の臭いが重なって、オヤジ臭といわれるゆえんとなります。
戻る

吉草酸(きっそうさん)

足の裏の臭いニオイはこれが原因である。 閾値が非常に低いことから悪臭防止法の規制対象となっている。 戻る

グラフト重合法

ある物質の高分子鎖を「幹」(基材)としてとらえ、
そこに基材とは異なった枝と果実(側鎖・官能基)となる物質を導入する高分子反応技術です。
戻る

嫌気性細菌(けんきせいさいきん)

酸素の存在する環境では生活が困難または不可能な細菌。乳酸菌・破傷風菌など。 戻る