HOME > 用語辞典 > わ

ワキガ

特別強いニオイ(すえたような酸っぱいニオイ)を発する症状ですが決して病気ではありません。
アポクリン汗腺の量が通常よりも多く、働きが活発なために起こります。
ワキガはそこから発生するニオイで多汗はエクリン汗が大量に放出される症状を指します。
いわゆる体臭や汗臭さはエクリン汗によるものなので、ワキガのニオイとは別物です。
人間の皮膚には、無数の汗腺がありますが、汗腺には2種類あります。
エクリン線とアポクリン線といい、腋臭(ワキガ)と密接な関係があるのが、アポクリン線です。
全身に分布していて、肉眼では見えないとても小さな汗腺です。
1平方センチメートル中に100個以上存在するといわれています。
エクリン線から出る汗は主に体温調節が目的で、99%が水分です。
サラっとしているため、ほとんど臭いはありません。
また、汗には塩分が含まれているので、皮膚の常在菌が繁殖しにくく、臭いも発生しにくいものです。
このような時に、エクリン線から汗がでます。
  ・暑いときや運動したとき
  ・緊張したときや驚いたとき
  ・辛いものや熱いものを食べたとき
アポクリン線は、わきの下、へそのまわり、性器の周りなど、体の一部分に存在しています。毛穴と出口を共有している大きな汗腺です。 その大きさは人間の成長に伴って変化しますが、思春期ごろに最大になり、老年になるにつれて小さくなっていきます。
アポクリン線から出る汗は、たんぱく質や脂質を含み粘り気があります。この汗には塩分がほとんど含まれていないため、
常在菌が繁殖しやすく、その際の発酵臭で独特の臭いなのが、腋臭(ワキガ)の臭いです。
動物は本来、仲間同士の確認のためや、異性を引き付けるための臭いを体から発するようにできています。
つまり、アポクリン線のある脇の下から出る汗は、だれでもニオイのあるものなのです。
腋臭症(えきしゅうしょう)や臭汗症(しゅうかんしょう)とも呼ばれる。
戻る